ED治療薬は、PDE5阻害薬と呼ばれており、PDE5を妨げることで勃起力を改善させます。

勃起不全とED治療薬の作用

勃起不全とED治療薬の作用

世の中にはたくさんの方がED(勃起不全)に悩んでいます。そんな勃起不全の治療に使われるお薬のことを言いますが、これを厳密に言うと「PDE5阻害薬」と呼びます。

人間は見たり、触れたり、想像したりなど、性的刺激を受けると、脳からの司令によって体内血液中に大量のNO(一酸化窒素)が発生します。このNOには、血管拡張作用があり、それによって初期の勃起が始まります。さらに刺激が持続すると、NOは血管を全開させる「サイクリックGMP」という物質を分泌します。これが完全な勃起です。

実はこのサイクリックGMPには弱点があります。それは酵素に分解されやすいという事です。ペニス付近にはサイクリックGMPを分解する「PDE5」という酵素が多くあり、これが勃起を抑制する働きをしています。射精した後に勃起が収まるのはこのPDE-5の作用です。

たとえると、NOが点火役、サイクリックGMPは車のアクセルのようなものです。さらにブレーキ役として、サイクリックGMPを消去するPDE5という分解酵素が存在しています。つまり勃起不全とは、局所血管の動脈硬化で活性酸素がNOを消去してしまい、サイクリックGMPの分泌不足により、PDE5という分解酵素が優勢になる状態の事を言います。

ED治療薬の作用

ED治療薬の作用

ED治療薬には、このPDE5を妨げる作用があるため、PDE5阻害薬と呼びます。PDE5を阻害する事によって、サイクリックGMPが分解されずに済むので、ペニス付近の筋肉の弛緩を促進し、勃起しやすくなります。

ED治療薬として有名なバイアグラはクエン酸シルデナフィル、レビトラはバルデナフィル、シアリスはタダラフィルと、それぞれ主成分は異なりますが、どれもPDE5を阻害するという同じ作用です。ただし構造が違うため、持続する時間などがそれぞれ異なるのです。

いずれも、何もしていない状態で勃起するわけではなく、性的刺激があったときに勃起を助けるお薬で、性欲を増加させる効果もありません。EDの原因はさまざまですが、ED治療薬は、あらゆる原因の方に、多くの効果を発揮すると言われています。


top