ED治療薬レビトラは、即効性があり食事の影響が受けずらいため、非常に使い勝手のよい薬です。

ED治療薬レビトラ

ED治療薬レビトラ

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つがあり、いずれも勃起不全を一時的に改善する作用を持つ医薬品です。

これらは全て異なる有効成分を利用していることから、それぞれの効き目に特徴があります。
レビトラは最も素早く効き始め、即効性が特に高い特徴を持っています。

また、従来のED治療薬であるバイアグラは食事の影響を受けやすく、空腹時の服薬が奨められていました。そのため服用のタイミングが難しく、場合によってはパートナーの協力がなくてはならないことがあり、中々利用するのが難しいED治療薬でした。

しかし、レビトラはこのデメリットが解消されており、食事の影響を受けづらい特徴もあり、世界的に人気のED治療薬となっています。

レビトラの効果

レビトラの効果

またバイアグラと比較し、レビトラの方が効果が強い場合もあります。レビトラ10mgはバイアグラ50mg相当になると言われています。容量によって持続時間を変えることもできます。ただし、その効果は性的刺激があったときにのみ勃起します。薬を飲んだらといって、何もせずに勃起するというわけではありません。あくまでも勃起を助けるお薬で、何らかの原因で拡がりにくくなってしまった陰茎の血管を拡がりやすくして、血液の流れを改善し、勃起を助ける働きがあります。

服用してから、早い人では15分で効果が出るとも言われています。効果の持続時間は5時間から8時間で、ちょうどいい持続時間と言えます。性的刺激がなくなれば、作用時間内でも勃起は収まります。また、媚薬効果や性欲を増進させるような効果もありません。10mgと20mgがあり、最初は10mgから試して、効果がなければ20mgを試される方が多いようです。以上のように、すばやく効果を得たいという方には、おすすめのお薬となっています。

レビトラの即効性

レビトラの即効性

レビトラのパッケージにはマークが入っています。
このマークはマッチの炎を表しており「擦ればすぐ着火する」ことを表しています。つまり「服用してすぐ効く」「素早く効く」などの意味や、「ご無沙汰になって、冷え切ってしまった心と体に、もう一度光を灯してほしい」という願いが込められているのです。

実際にレビトラは即効性に優れており、バイアグラでは性行為の1時間前、シアリスでは2時間前に服用するのが最も効果的とされているところ、レビトラは最短で15分前に服用すれば十分効果が発揮できます。

服用のタイミングというのは、ED治療において非常に重要なものです。性行為時にしっかり効果を得るためには、性行為がいつ行われるか先読みする必要があります。効き目が遅い薬を使用する場合は、服用するタイミングを計ろうとして焦ることは想像に難くないことでしょう。

焦りや不安はEDにも悪影響を及ぼすため、時間に縛られずに性行為に臨めるという事は、それだけ治療効率を上げることに繋がります。

効果の持続時間が最も長いシアリスも、同じく服用タイミングを気にする必要はありませんが、シアリスはじっくり長く効く反面、その勃起力も比較的弱い特徴を持ちます。自然な勃起と言われているものの、その分硬さの面で若干劣ることから、ED治療薬の効果を実感したい方にはレビトラがおすすめです。

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法比較 ED治療薬として日本でも人気のレビトラですが、多くの方は、入手するには、病院で処方してもらう方法を考えるでしょう。ですが、時間の問題や恥ずかしさや面倒臭さで躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。実は病院で処方してもらう以外にも、今は個人輸入代行サイトを利用するという手段もあります。この二つを比較していきたいと思います。

病院での入手

まず、病院で処方してもらう方法ですが、多くの場合は病院へ電話をして診察の予約をします。予約がとれたら、その日時に病院に行きます。一般的な病院と同じように受付を済ませたら、診察になります。殆どは今までの病歴、EDの症状などを聞かれ、血圧を測ります。そして最後にお薬が処方されます。

2回目以降は、診察は必要なくお薬を購入できます。ちなみに病院で処方してもらっても、ED治療薬は保険適用外になります。

個人輸入代行サイトでの入手

個人輸入代行サイトでの入手

次に個人輸入代行サイトですが、まず、診察の必要な処方箋薬でも、個人が海外から輸入するのは合法です。ただし実際にするとなると言葉の問題、手続きなど非常に面倒になります。それを代行してくれるのがこのようなサイトです。

ただしあくまでも本人の利用に限られ、他人に販売、譲渡するのは禁止されています。サイトや問い合わせなどすべて日本語ですし、普通の通販サイトと同じ感覚で利用できます。商品の到着は、海外からの発送なので10日前後かかりますが、それでも病院に時間をつくって行くのを考えたら、はるかに手間がかかりません。家だけでなく、郵便局留めにしてくれるところもあるので、家族にバレてしまう心配もありません。

また自宅に配送してもらう場合でも、商品名などはわからないように発送してくれます。価格についても、1錠の値段を比べても、500円から1000円ほど代行サイトの方が安く、まとめて購入すればさらにお得になります。また、診察代ももちろん必要ありません。サイトによっては購入するとポイントが付与され、次回以降割引になるところもあります。

非常に便利なのですが、服用については、すべて自己責任になることと、本物そっくりの偽物などを売っている悪質なサイトもあるということが懸念されます。本物かどうかは素人では判断がつきません。体に悪影響がある可能性もあります。これらの点はくれぐれも気をつけて、信頼できるサイトを選ぶ必要があります。




top